excitemusic

Time is Money.
by fj_kouichi86
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
タグ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:ムエタイ ( 3 ) タグの人気記事

Porrada #14...

あ・・・、ど・・・、どうも・・・、サガッタ・コーガン(Sagata・Korgan : 性太睾丸)です・・・。

名前の由来は・・・、ゲーム『ストリートファイター』に登場するキャラクター、サガットよりも人間的にレベルが下がって・・・、睾丸も人より下がり気味・・・、尚且つ・・・、性が太いから『性太』・・・。

本当に管理人のMr.ko:01には感謝の念で一杯です・・・。



アンディー・サワー(赤グローブ)VSブアカーオ・ポー・プラムック(青グローブ)(2006.6.30 K-1 WORLD MAX 2006 ~世界一決定トーナメント決勝戦~







パンチの打ち合いではMr.サワーが有利かと思いましたが・・・。

Mr.ブアカーオのパンチも重そうで、Mr.サワーが打ち合えなそうですね・・・。

1:00時、Mr.サワーがクリンチによりブレイクがかかると自己判断し、審判の方を見た瞬間に左フックを貰ってしまいました・・・。油断してましたね・・・。

1:28時、Mr.ブアカーオの左ミドルが相手のレバーを捕らえましたね・・・。

1:49時、Mr.ブアカーオの右ショートフックから右アッパーの連打・・・。

2:11時、Mr.ブアカーオの右ストレートが顎を打ち抜きましたね・・・。途中のダウンからMr.サワーは集中が途切れてしまいましたね・・・。



あ・・・、し・・・、しまった・・・。ついつい熱く語ってしまいました・・・。ごめんなさい・・・。
[PR]
by fj_kouichi86 | 2010-11-08 10:38 | Fighting

Porrada #13...

あ・・・、ど・・・、どうも・・・、サガッタ・コーガン(Sagata・Korgan : 性太睾丸)です・・・。

名前の由来は・・・、ゲーム『ストリートファイター』に登場するキャラクター、サガットよりも人間的にレベルが下がって・・・、睾丸も人より下がり気味・・・、尚且つ・・・、性が太いから『性太』・・・。

本当に管理人のMr.ko:01には感謝の念で一杯です・・・。



ドラゴ(赤グローブ)VSブアカーオ・ポー・プラムック(青グローブ)(2006.6.30 K-1 WORLD MAX 2006 ~世界一決定トーナメント決勝戦~





ムエタイスタイルの両者・・・。

流れるようなコンビネーションは無いですね・・・。

Mr.ブアカーオは、足技で相手を上手くコントロールしていますね・・・。

0:21時、Mr.ドラゴの大振り右ストレートがMr.ブアカーオの顔面を捕らえました・・・。

0:25時、Mr.ブアカーオのローキックが2発まともに入りました・・・。効いたはずです・・・。

2:26時、Mr.ブアカーオが相手の隙をついて右フック・・・。Mr.ドラゴは恐らく死角からパンチが飛んできた感覚だったと思います・・・。

Mr.ブアカーオは目が良いので単発の攻撃は避けられてしまうので、Mr.ドラゴはコンビネーションで注意を散らした方が良いと思います・・・。



あ・・・、し・・・、しまった・・・。ついつい熱く語ってしまいました・・・。ごめんなさい・・・。
[PR]
by fj_kouichi86 | 2010-10-28 15:36 | Fighting

Porrada #11...

あ・・・、ど・・・、どうも・・・、サガッタ・コーガン(Sagata・Korgan : 性太睾丸)です・・・。

名前の由来は・・・、ゲーム『ストリートファイター』に登場するキャラクター、サガットよりも人間的にレベルが下がって・・・、睾丸も人より下がり気味・・・、尚且つ・・・、性が太いから『性太』・・・。

本当に管理人のMr.ko:01には感謝の念で一杯です・・・。



ブアカーオ・ポー・プラムック(赤グローブ)VS佐藤嘉洋(青グローブ)(2006.6.30 K-1 WORLD MAX 2006 ~世界一決定トーナメント決勝戦~)



お互いムエタイスタイルの選手・・・。

回転の速いパンチのコンビネーションではなく、隙を見つけてそこにパンチを放っていく闘い方・・・。

1R目から、再三Mr.ブアカーオはMr.佐藤の前蹴りを持ってパンチを放っていました・・・。

Mr.佐藤は蹴りを打つ時、ガードが下がるクセがありましたね・・・。

Mr.ブアカーオは、その隙間に左フック一閃・・・。

コンビネーションで注意を散らせて倒す闘い方も良いが、この様に隙を突いて一発で倒す闘い方も美しいですね・・・。

蝶の様に舞い、蜂の様に刺す・・・。毒針の如きパンチで・・・。

0:35時、ブアカーオ陣営のセコンドが、対戦相手であるMr.佐藤の鼻血を止血しているシーンが良いですね。

スポーツマンシップに乗っ取ってます。

タイの選手陣は観ていて気持ちが良いんですよね。

応援したくなりますね。



あ・・・、し・・・、しまった・・・。ついつい熱く語ってしまいました・・・。ごめんなさい・・・。
[PR]
by fj_kouichi86 | 2010-10-20 16:48 | Fighting