excitemusic

Time is Money.
by fj_kouichi86
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
タグ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:Fighting( 17 )

Porrada #14...

あ・・・、ど・・・、どうも・・・、サガッタ・コーガン(Sagata・Korgan : 性太睾丸)です・・・。

名前の由来は・・・、ゲーム『ストリートファイター』に登場するキャラクター、サガットよりも人間的にレベルが下がって・・・、睾丸も人より下がり気味・・・、尚且つ・・・、性が太いから『性太』・・・。

本当に管理人のMr.ko:01には感謝の念で一杯です・・・。



アンディー・サワー(赤グローブ)VSブアカーオ・ポー・プラムック(青グローブ)(2006.6.30 K-1 WORLD MAX 2006 ~世界一決定トーナメント決勝戦~







パンチの打ち合いではMr.サワーが有利かと思いましたが・・・。

Mr.ブアカーオのパンチも重そうで、Mr.サワーが打ち合えなそうですね・・・。

1:00時、Mr.サワーがクリンチによりブレイクがかかると自己判断し、審判の方を見た瞬間に左フックを貰ってしまいました・・・。油断してましたね・・・。

1:28時、Mr.ブアカーオの左ミドルが相手のレバーを捕らえましたね・・・。

1:49時、Mr.ブアカーオの右ショートフックから右アッパーの連打・・・。

2:11時、Mr.ブアカーオの右ストレートが顎を打ち抜きましたね・・・。途中のダウンからMr.サワーは集中が途切れてしまいましたね・・・。



あ・・・、し・・・、しまった・・・。ついつい熱く語ってしまいました・・・。ごめんなさい・・・。
[PR]
by fj_kouichi86 | 2010-11-08 10:38 | Fighting

Porrada #13...

あ・・・、ど・・・、どうも・・・、サガッタ・コーガン(Sagata・Korgan : 性太睾丸)です・・・。

名前の由来は・・・、ゲーム『ストリートファイター』に登場するキャラクター、サガットよりも人間的にレベルが下がって・・・、睾丸も人より下がり気味・・・、尚且つ・・・、性が太いから『性太』・・・。

本当に管理人のMr.ko:01には感謝の念で一杯です・・・。



ドラゴ(赤グローブ)VSブアカーオ・ポー・プラムック(青グローブ)(2006.6.30 K-1 WORLD MAX 2006 ~世界一決定トーナメント決勝戦~





ムエタイスタイルの両者・・・。

流れるようなコンビネーションは無いですね・・・。

Mr.ブアカーオは、足技で相手を上手くコントロールしていますね・・・。

0:21時、Mr.ドラゴの大振り右ストレートがMr.ブアカーオの顔面を捕らえました・・・。

0:25時、Mr.ブアカーオのローキックが2発まともに入りました・・・。効いたはずです・・・。

2:26時、Mr.ブアカーオが相手の隙をついて右フック・・・。Mr.ドラゴは恐らく死角からパンチが飛んできた感覚だったと思います・・・。

Mr.ブアカーオは目が良いので単発の攻撃は避けられてしまうので、Mr.ドラゴはコンビネーションで注意を散らした方が良いと思います・・・。



あ・・・、し・・・、しまった・・・。ついつい熱く語ってしまいました・・・。ごめんなさい・・・。
[PR]
by fj_kouichi86 | 2010-10-28 15:36 | Fighting

Porrada #12...

あ・・・、ど・・・、どうも・・・、サガッタ・コーガン(Sagata・Korgan : 性太睾丸)です・・・。

名前の由来は・・・、ゲーム『ストリートファイター』に登場するキャラクター、サガットよりも人間的にレベルが下がって・・・、睾丸も人より下がり気味・・・、尚且つ・・・、性が太いから『性太』・・・。

本当に管理人のMr.ko:01には感謝の念で一杯です・・・。



魔娑斗(赤グローブ)VSアンディー・サワー(青グローブ)(2006.6.30 K-1 WORLD MAX 2006 ~世界一決定トーナメント決勝戦~)





0:33時、Mr.魔娑斗のこのボディーブローは上手いですね。

Mr.サワーはガードが高いので、ボディー打ちでガードを下げさせてから攻めた方が・・・。

1:38時・・・、この試合、Mr.魔娑斗が膝蹴りを何回も見せるのですが、恐らくMr.サワーのガードを下げさせる為に膝蹴りでボディーを攻めたのでしょう・・・。

1:42時、Mr.魔娑斗の右ストレートをスウェーバックでかわし、すぐ踏み込んでワン・ツー・・・。踏み込みが速いです・・・。

Mr.魔娑斗の方が若干パンチは上手いと思いますが・・・。

いかんせん、Mr.サワーはガードが堅いので、パンチだけで崩すのは至難の技です・・・。

逆に、Mr.サワーは上下の打ち分けが上手いですね・・・。

コンビネーションの終わりにローキックを入れてきます・・・。

そして、終始、相手の攻撃に合わせてローキックを返しています・・・。

脚を徹底的に攻撃しています。

これが徐々に効いて来て、Mr.魔娑斗の脚がキックを受けると踏ん張れなくなって横に流れています・・・。

Mr.魔娑斗の終盤のスタミナ切れも脚のダメージからでしょう・・・。



ガードを高く、ローキックを加えたコンビネーション、そして、相手の攻撃にローキックを合わせる・・・。基本的な事だが・・・、中々これが・・・。



あ・・・、し・・・、しまった・・・。ついつい熱く語ってしまいました・・・。ごめんなさい・・・。
[PR]
by fj_kouichi86 | 2010-10-24 16:02 | Fighting

Porrada #11...

あ・・・、ど・・・、どうも・・・、サガッタ・コーガン(Sagata・Korgan : 性太睾丸)です・・・。

名前の由来は・・・、ゲーム『ストリートファイター』に登場するキャラクター、サガットよりも人間的にレベルが下がって・・・、睾丸も人より下がり気味・・・、尚且つ・・・、性が太いから『性太』・・・。

本当に管理人のMr.ko:01には感謝の念で一杯です・・・。



ブアカーオ・ポー・プラムック(赤グローブ)VS佐藤嘉洋(青グローブ)(2006.6.30 K-1 WORLD MAX 2006 ~世界一決定トーナメント決勝戦~)



お互いムエタイスタイルの選手・・・。

回転の速いパンチのコンビネーションではなく、隙を見つけてそこにパンチを放っていく闘い方・・・。

1R目から、再三Mr.ブアカーオはMr.佐藤の前蹴りを持ってパンチを放っていました・・・。

Mr.佐藤は蹴りを打つ時、ガードが下がるクセがありましたね・・・。

Mr.ブアカーオは、その隙間に左フック一閃・・・。

コンビネーションで注意を散らせて倒す闘い方も良いが、この様に隙を突いて一発で倒す闘い方も美しいですね・・・。

蝶の様に舞い、蜂の様に刺す・・・。毒針の如きパンチで・・・。

0:35時、ブアカーオ陣営のセコンドが、対戦相手であるMr.佐藤の鼻血を止血しているシーンが良いですね。

スポーツマンシップに乗っ取ってます。

タイの選手陣は観ていて気持ちが良いんですよね。

応援したくなりますね。



あ・・・、し・・・、しまった・・・。ついつい熱く語ってしまいました・・・。ごめんなさい・・・。
[PR]
by fj_kouichi86 | 2010-10-20 16:48 | Fighting

Porrada #10...

あ・・・、ど・・・、どうも・・・、サガッタ・コーガン(Sagata・Korgan : 性太睾丸)です・・・。

名前の由来は・・・、ゲーム『ストリートファイター』に登場するキャラクター、サガットよりも人間的にレベルが下がって・・・、睾丸も人より下がり気味・・・、尚且つ・・・、性が太いから『性太』・・・。

本当に管理人のMr.ko:01には感謝の念で一杯です・・・。



アルバート・クラウス(赤グローブ)VSドラゴ(青グローブ)(2006.6.30 K-1 WORLD MAX 2006 ~世界一決定トーナメント決勝戦~)



Mr.クラウスは、典型的な正統派ファイター・・・。

一方のMr.ドラゴは変則ファイターと言われています・・・、が・・・、私的に『変則ファイター』の定義が良くわかりません・・・。

Mr.ドラゴの様にコンビネーションを多用せずに、いきなり大振りの大砲を単発で打つ選手の事も『変則ファイター』と言うのでしょうか・・・?

Mr.ドラゴを含め、ムエタイ出身の選手は攻撃を単発で打つことが良くあります・・・。

そもそもムエタイはコンビネーションをあまり使わないですよね・・・。

ムエタイには独特の闘いのリズムがあるので、ボクシング村の出身者にはこれが奇妙に映り、『変則的』と言うのでしょう・・・。

1:10時、Mr.ドラゴの右足が先に動いてから、Mr.クラウスが右のパンチを出しています・・・。恐らく、Mr.クラウスがカウンターを狙って、失敗したのでしょう・・・。

いきなり単発で膝蹴りを出すMr.ドラゴも凄いですね・・・。

カウンターを合わせられたら致命傷ですよ・・・。



あ・・・、し・・・、しまった・・・。ついつい熱く語ってしまいました・・・。ごめんなさい・・・。
[PR]
by fj_kouichi86 | 2010-10-14 16:32 | Fighting

Porrada #9...

あ・・・、ど・・・、どうも・・・、サガッタ・コーガン(Sagata・Korgan : 性太睾丸)です・・・。

名前の由来は・・・、ゲーム『ストリートファイター』に登場するキャラクター、サガットよりも人間的にレベルが下がって・・・、睾丸も人より下がり気味・・・、尚且つ・・・、性が太いから『性太』・・・。

本当に管理人のMr.ko:01には感謝の念で一杯です・・・。



アンディー・サワーVSヴァージル・カラコダ(2006.6.30 K-1 WORLD MAX 2006 ~世界一決定トーナメント決勝戦~)

Mr.アンディーは100戦以上のキャリアを積んでいるシュートボクサー・・・。

シュートボクシング仕込みの回転力のあるパンチが武器です・・・。

Mr.カラコダはボクシング出身で、果敢に距離を詰めた戦い方をします・・・。

マイナー団体の世界タイトルを取得したことがあるが、WBA、WBC、IBF、WBOといったメジャー4団体の世界王座とは比べ物にならない程低い・・・。



Mr.アンディーは、再三Mr.カラコダが距離を詰めて来るのに対してローキックを出しています・・・。

0:05時のMr.アンディーのパンチの連打が速いですね・・・。

1:06時、Mr.カラコダの放った左ジャブをダッキングして、左ボディー・・・。その後、ワン・ツー、左ボディー。

1:11時、この試合、Mr.アンディーは対処のしにくい相手の前足の内股(インロー)と奥足を集中的に蹴っています・・・。試合巧者ですよね・・・。

1:30時、Mr.アンディーはパンチの連打の後、必ず最後に左のローキックを出しているんですよね・・・。

1:50時、上下の打ち分けが本当に上手いです・・・。

1:54時、Mr.カラコダのパンチに合わせて左右のフック・・・。Mr.カラコダの脳は左右にシェイクされたことでしょう・・・。

Mr.アンディーは詰めも決して甘くない選手ですよね・・・。ここぞという時に怒濤のラッシュをしかけます・・・。全体的に手数の多い選手です・・・。

Mr.カラコダはハートは強いんですけど、もっとキックを覚えないと・・・。ボディーブローは何発か良いのを出してはいるんですけど・・・。



あ・・・、し・・・、しまった・・・。ついつい熱く語ってしまいました・・・。ごめんなさい・・・。
[PR]
by fj_kouichi86 | 2010-10-05 11:49 | Fighting

Porrada #8...

あ・・・、ど・・・、どうも・・・、サガッタ・コーガン(Sagata・Korgan : 性太睾丸)です・・・。

名前の由来は・・・、ゲーム『ストリートファイター』に登場するキャラクター、サガットよりも人間的にレベルが下がって・・・、睾丸も人より下がり気味・・・、尚且つ・・・、性が太いから『性太』・・・。

本当に管理人のMr.ko:01には感謝の念で一杯です・・・。



魔娑斗VS小比類巻貴之(2006.6.30 K-1 WORLD MAX 2006 ~世界一決定トーナメント決勝戦~)



Mr.魔娑斗は得意のパンチで攻める作戦ですね・・・。

1:28時、Mr.魔娑斗の良い右アッパーが入りましたね・・・。

1:34時、右の前蹴りのフェイント→右フックと見せかけてMr.小比類巻のガードを上げさせる→そのまま右手で相手を掴んで左の膝蹴り・・・。上手いですね・・・。Mr.小比類巻が膝蹴りを貰った直後に深呼吸をしているので、このボディーへの膝蹴りは効いていると思います・・・。

1:38時のMr.魔娑斗の放った左ボディーブローも効いてましたね・・・。

1:44時、左右のワン・ツーでガードを上げさせておいて・・・、左ボディーブロー→左アッパー・・・。理想的ですね・・・。Mr.小比類巻の身体が立ってしまっているので、完全にボディーが効いてる証拠です・・・。

1:46時、再び膝蹴りを放って、ガードを下げさせておいてからの左フック・・・。完璧です・・・。

2:16時、Mr.魔娑斗の左ジャブ→左ボディーブロー・・・。しかし、この左ボディーはガードされたので、すぐ右アッパーのフェイントを加えたコンビネーション、左ジャブ→右アッパーのフェイント→左ボディーを放つ。この状況でMr.魔娑斗は物凄い冷静です・・・。

2:39時、左ジャブのフェイント→左アッパー→右ストレート→左アッパー・・・。凄いです・・・。

Mr.魔娑斗はアッパーが上手いですよね。

Mr.小比類巻は、リーチ差を生かして前蹴りとローキックで距離をとった攻め方の方が良いと思うんですけど・・・。パンチの距離は分が悪いですよね・・・。



試合後、Mr.魔娑斗は良い表情してますね。

実は彼らは3回目の対決なんですが、初対決の時はMr.魔娑斗がKO負けしているんです・・・。

しかし、Mr.魔娑斗はMr.小比類巻の手の届かない存在になってしまったようです・・・。



あ・・・、し・・・、しまった・・・。ついつい熱く語ってしまいました・・・。ごめんなさい・・・。
[PR]
by fj_kouichi86 | 2010-09-30 16:22 | Fighting

Porrada #7...

あ・・・、ど・・・、どうも・・・、サガッタ・コーガン(Sagata・Korgan : 性太睾丸)です・・・。

名前の由来は・・・、ゲーム『ストリートファイター』に登場するキャラクター、サガットよりも人間的にレベルが下がって・・・、睾丸も人より下がり気味・・・、尚且つ・・・、性が太いから『性太』・・・。

本当に管理人のMr.ko:01には感謝の念で一杯です・・・。



『人類最激戦区』と言われているK-1ミドル級のK-1 WORLD MAXで日本人初の世界王者になった魔娑斗選手・・・。

私的にMr.魔娑斗はK-1に於いて王道な戦い方をする正統派ファイターだと思います・・・。

正統派ファイターはしばしば話題性のあるトリッキーファイターの陰に隠れてしまう事もあるが・・・、私はこの『正統派』が一番だと思っています・・・。

そして・・・、Mr.魔娑斗は王道な戦い方でトリッキーファイターに負けないぐらいの試合を私達に魅せてくれます。



魔娑斗vsイム・チビン(K-1 WORLD MAX 2005 世界一決定トーナメント開幕戦)

『因縁の日韓戦』と煽られていたが・・・、私にはそんな事はどうでも良かったです・・・。

キックボクシングvsムエタイだったいう構図の方が重要でした・・・。




ムエタイスタイルのMr.イムは蹴り技を主体とした戦い方をしてきます・・・。

一方・・・、Mr.魔娑斗はパンチを主体とした戦い方・・・。

Mr.魔娑斗の戦い方に私も賛成です・・・。パンチ主体の戦い方の方が有利だと思います・・・。

どうしても、パンチの方がスピードが速いし、連打も出来ますし・・・。

0:47時からのMr.魔娑斗がMr.イムのミドルキックをさばいてパンチを打ち込んで行く一連の動き・・・。

同様に・・・、2:40のMr.イムのハイキックをかわしてパンチを打ち込む・・・。

Mr.魔娑斗は、再三、相手の蹴りに合わせてパンチを打ち込む戦い方をしています・・・。

実に基本的な戦い方です。王道です。

しかし・・・、中々この戦い方が出来ないのです・・・。

この戦い方をするには・・・、相手の蹴りのプレッシャーに負けないぐらいの強いハートが必要なのです・・・。



あ・・・、し・・・、しまった・・・。ついつい熱く語ってしまいました・・・。ごめんなさい・・・。
[PR]
by fj_kouichi86 | 2010-09-20 19:14 | Fighting

Porrada #6...

b0162689_17404392.jpg

は・・・、はじめまして・・・、サガッタ・ザンビディスです・・・。

・・・・・・・・・。

ごめんなさい・・・。嘘です・・・。間違えました・・・。



あ・・・、ど・・・、どうも・・・、サガッタ・コーガン(Sagata・Korgan : 性太睾丸)です・・・。

名前の由来は・・・、ゲーム『ストリートファイター』に登場するキャラクター、サガットよりも人間的にレベルが下がって・・・、睾丸も人より下がり気味・・・、尚且つ・・・、性が太いから『性太』・・・。

本当に管理人のMr.ko:01には感謝の念で一杯です・・・。



K-1ミドル級のギリシャ出身のマイク・ザンビディス選手は・・・、身長167cm、体重69kgで、キックボクシングをバックボーンにする選手・・・。

アマチュアボクシングの経験もあり、その腕前はアテネオリンピックの際にギリシャ代表候補にもなる実力・・・。

フック系のパンチを得意としており、その破壊力にも定評があります・・・。

彼はK-1ミドル級では、小柄の選手・・・。

打撃系格闘技に於いて、身長は重要な要因です・・・。

そんな小柄なMr.マイクが、長身の選手の懐に突っ込んで行く姿には毎回感動します・・・。

ハートが強い選手ですよね・・・。

その為・・・、Mr.マイクは真っ向から打ち合うファイターとは上手く噛み合います。

マイク・ザンビディスvs山本"KID"徳郁(K-1 WORLD MAX 2005 世界一決定トーナメント開幕戦)




噛み合いますね・・・。

伝家の宝刀『アイアンフック』ですね。

Mr.マイクの見事なカウンターです。

上手いですね・・・。綺麗に入りました。

狙ってましたね。

Mr.KIDのパンチはどれも単発で連打は無いが一発の破壊力があるので序盤はMr.マイクも警戒していましたが・・・、元五輪代表候補レベルならあのモーションの大きいパンチにカウンターを合わせるのは造作も無い事ですね・・・。

0:27時での・・・、右ローを打つと見せかけて、そのままスタンスをスイッチして右フックをかぶせるパターンはMr.マイクの得意技ですよね。

一見、何でこんなフェイントに引っ掛かるのだろう?と思うが・・・、実際に相手と対峙するとまんまと引っ掛かってしまうのでしょう・・・。

Mr.マイクの試合はスピードがあって面白いです。



あ・・・、し・・・、しまった・・・。ついつい熱く語ってしまいました・・・。ごめんなさい・・・。
[PR]
by fj_kouichi86 | 2010-09-16 19:16 | Fighting

Porrada #5...

b0162689_16481524.jpg

は・・・、はじめまして・・・、ワ・・・、ワンロップ・コーガンです・・・。

・・・・・・・・・。

ごめんなさい・・・。嘘です・・・。調子に乗りました・・・。



あ・・・、ど・・・、どうも・・・、サガッタ・コーガン(Sagata・Korgan : 性太睾丸)です・・・。

名前の由来は・・・、ゲーム『ストリートファイター』に登場するキャラクター、サガットよりも人間的にレベルが下がって・・・、睾丸も人より下がり気味・・・、尚且つ・・・、性が太いから『性太』・・・。

本当に管理人のMr.ko:01には感謝の念で一杯です・・・。



私の名前の由来から分かるように・・・、私にとってムエタイは特別なのです・・・。

星に数程いるムエタイ戦士の中で・・・、特に尊敬してる選手はタイ出身のワンロップ・ウィラサクレック選手です。

身長は170cm・・・、得意技は肘打ち・・・、通称『切り裂き魔』・・・。





完全に相手選手はMr.ワンロップに呑まれてましたね・・・。

決め手は得意の右の肘打ち・・・。

呆気ない幕切れだったが・・・、逆に言えばそれだけ大差があったということ・・・。

それにしても・・・、Mr.ワンロップはスピードがある。

身長170cmに対して・・・、体重は53kg程度・・・。

かなり絞り込んでます。

足技にもかなりキレがありますよね。

私は、Mr.ワンロップの足技が好きなんです。

0:54時の、フェイントで前蹴りを打つと見せかけておいてハイキックを打つ技術にはシビレましたね。

相手選手もそのフェイントに上手く引っかかってましたね・・・。



そして・・・、Mr.ワンロップの紳士振りときたら・・・。

試合前の審判の話を頷きながら聞いてる姿は実に好青年ですよね。闘い振りも気持ち良いですよね。

礼儀正しくて観ていて気持ち良い選手です。



あ・・・、し・・・、しまった・・・。ついつい熱く語ってしまいました・・・。ごめんなさい・・・。
[PR]
by fj_kouichi86 | 2010-09-13 17:42 | Fighting